読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主夫になって経験したあれこれ。

世の中には、経験してみないと分からないことがたくさんある。

「イクメン」という言葉をよく聞くようになった現在も、育児の主な担当は「母親」のまま。。。

 「イクメン」という言葉が

 

誕生してからどれくらいの時が

 

経ったでしょうか。

 

 

正確には違うかもしれないが、

 

つるの剛士」さんが言われ始めた。

 

 

しかし、その「イクメン」という

 

言葉を聞く機会が増えてきてはいるが

 

依然として一般的な意識としては

 

「育児=母親」のままですよ。。。

 

 

その理由に、育児に参加したいが

 

「仕事が忙しい」や父親の意識が

 

「育児の手伝いどまり」等がある。

 

 

女性の社会進出が進み、

 

共働きの家庭は今や少なくない。

 

 

にも関わらず、日本では

 

「男は仕事、女性は家事・育児」

 

という役割意識がまだまだ強い。

 

 

その結果、普通なら

 

「女性の就労率」の上昇に比例して、

 

「男性の家事・育児参加率」も

 

上昇するのだが、、、

 

 

現状は、

 

単に「女性の負担が増えた」だけ。。。

 

 

腕力的な優劣はあるにしても、

 

男女で仕事の優劣は無い。

 

 

むしろ、女性の方が

 

向いてる仕事は多い。

 

 

これでは、女性が

 

産後うつ育児ノイローゼ」に

 

なってしまうのは当たり前。

 

 

なので、やはり

 

男性の「家事・育児」への

 

参加は必要不可欠ですよ。

 

 

 そして、流れを

 

「労働力の創造」、

 

少子化是正」へ。。。

 

 

世の中の流れを変えるのは

 

かなり難しい。

 

 

放っておいたら、「イクメン」という

 

言葉は、いつの間にか

 

消えてしまうでしょうね。。。

 

 

しかし、折角「イクメン」という

 

良い言葉が出来たのだから、

 

何とか今までの流れを

 

変えたいところですよね~?

 

 

「家事・育児」は

 

夫婦の共同作業なんだから、

 

 

旦那はさ、奥さんが家事を

 

してる横で、新聞読みながら

 

お腹をぼりぼり掻いてる場合じゃ

 

ないのよ。

 

 

どうでしょうかね。

 

 

あなたは違いますか?

 

 

夫婦なんだから、

 

もっと互いに支え合ってさ、

 

協力していこうよ。

 

 

一億人の中から、

 

たった一人の女性を

 

見つけたんでしょ。

 

 

仕事も大変だろうけど、

 

奥さんの支えがあっての、

 

今ですよ。

 

 

 

なら、あなたの行動は

 

違うのではないかな。。。

 

 

 

今からでも遅くない。

 

 

奥さんを手伝って

 

あげましょう!

 

 

 

 

・・・何です?

 

 

どうすれば良いか、

 

分からない?

 

 

そんなのは簡単ですよ。

 

 

朝食・夕飯後の

 

「皿洗い」とかで

 

良いじゃないですか。

 

 

最初から

 

ハイレベルなことが

 

出来る人なんていないんですから。

 

 

最初は一緒に。

 

 

そして、

 

いずれは、あなた一人で

 

やりましょう。

 

 

そうすれば、、、

 

 

あなたの家事をしてる後ろ姿に

 

奥さんは思わず、

 

「結婚して良かった」と

 

思うでしょう。

 

 

どうです。

 

出来そうでしょ?

 

 

「奥さんを手伝う」のではなく

 

「奥さんを支える」イメージで。

 

 

今晩、又は明日の朝からでも

 

始めてみましょう。

 

 

あなたの家庭に

 

「笑顔が溢れる」ことを願って。。。