読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主夫になって経験したあれこれ。

世の中には、経験してみないと分からないことがたくさんある。

注目!女子力男子とは?

少し言わせてもらいたい

ここ最近、何回か

 

「女子力男子」という言葉を

 

耳にした。

 

 

耳にした、というか

 

目にした、かな。

 

 

情報収集が主にネットに

 

なったので、もはや情報を

 

聞くというより、見るが正しい。

 

 

まぁ、そんなことは

 

置いといて。。。

 

 

 

では、「女子力男子」とは。。。

 

 

あなたも、この記事を読んで、

 

時代に乗り遅れないように

 

しましょう!

 

 

さて、

 

見慣れない言葉だけに

 

頭に残る。

 

 

一体「女子力男子」とは

 

どんな男子なのか。

 

 

何でも、、、

 

 

「化粧ポーチを持ち歩く」

 

「スイーツを食べ歩く」

 

「ぬいぐるみを持ち歩く」

 

 

こんな男子たちを指すらしい。

 

 

いや~、ひと昔前では

 

考えられない光景ですが、

 

 

「SNSの普及」で情報への

 

アクセスに男女差が無くなった

 

ことが一番の要因とのこと。

 

 

また、本屋に並ばなくても、

 

Amazonで本を買えるから、

 

簡単に「少女漫画」が手に入る。

 

 

また、少女漫画が原作の

 

アニメが色々放送されているので

 

昔ほど内容に抵抗を感じない。

 

 

何せ、男の味方「少年ジャンプ」にも

 

一見、少女漫画と見間違うマンガが

 

連載されてるくらいだし。

 

 

まぁ、良いのではないでしょうかね。

 

 

需要はあるでしょう。

 

 

昔ながらの「俺様男」に

 

女性は「胃もたれ気味」と聞きますし。

 

 

それに加え、

 

女子力が高い、ということは

 

「家事・育児」スキルも高そう。

 

 

たとえ高くなくとも、

 

「家事・育児」に抵抗が少なく、

 

積極的に家事・育児に参加しそうだ。

 

 

となれば、

 

女性の社会進出も進みやすい

 

ということ。

 

 

「男とは~!!」という

 

考えの人には、ただ「なよなよ」した

 

だけのヒョロ男にみえるかもだが、

 

 

私は決してそうは思わない。

 

 

むしろ、「主夫」としては歓迎。

 

 

女性が社会進出を進め、

 

仕事をするようになるなら、

 

 

今まで女性が担ったものを

 

誰かが代わりに担わないと

 

いけない。

 

 

「女子力男子」がこの担い手に

 

なれば、話は速い。

 

 

女性が「社会進出」して

 

時代が変わるなら、

 

男性も色々変わらないといけない

 

ということでしょう。

 

 

良いではないですか、

 

「女子力男子」。

 

 

もっと広まることを願いますね~。

 

 

ではでは~。