読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主夫になって経験したあれこれ。

世の中には、経験してみないと分からないことがたくさんある。

「奴ら」はそこら中にいる。終わることのない抗争。。。

専業主夫の日常

毎日毎日朝から晩まで、やってもやっても終わらない。

 

神出鬼没な「アレ」。

「アレ」を退治する作業。

たまに反撃もしてくる。

果てしない抗争。

 

苦労の末、端に追い詰める。

しかし、最後のとどめに手間取る。

そうこうしてるうちに、逃げられる。

 

また追いかけて、追い詰める。

やっととどめをさす。

 

が、気付くと、またいる。

そして、新たな刺客との闘いが勃発。

また苦労の末、殲滅する。

 

しかし、奴らはそこら中にいる。

気を抜くとすぐに囲まれる。

常に周囲に気を配らなくてはならない。

 

ほら、あなたの後ろにも。。。

 

 

 

そんな日々が毎日です。

もう嫌ですよ。。。

 

 

 

「アレ」とは「ゴミや埃」。

「果てしない抗争」とは「掃除」。

注:「アレ」は「ゴキ君」ではないですよ?笑

 

 

「パタパタ(正式名は「はたき」だったかな?)」

「箒」

「モップ」

「掃除機」

「雑巾」

 

古くからあるこれら「掃除の神器」でも、完全に退治できるわけではない。

掃除機や箒では届かない、または、入らないところがあるし、モップは畳では使えない。パタパタも完全に埃を落とせはしない。

かと言って、雑巾でちまちま拭いてては1日が終わる。

 

もっと簡単、且つ、完全に退治できる「神器」は無いものか。。。

 

昔から、神器には改良に改良を重ね、進化してきましたが、

未だ、「究極の神器」は完成しない。

 

しかし、

大分前に「ルンバ」などの「神兵」が現れ、「果て無き抗争」にも変化が。

自分の代わりにしてくれるとは何とも便利。

 

ただ、まだまだ全てをしてくれるわけではないので、今後の進化に期待。

早く、完全に代行出来るようになって欲しいものです。

 

 

 

「掃除」というのは、本来「人がしなくても良い」作業。

もしくは「誰がやっても良い」作業。

なら、ロボットがしても良いわけだ。

 

そんなことを考えながら、日々「アレ」との抗争に続けておりますよ。

 

 

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ではでは~。