読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主夫になって経験したあれこれ。

世の中には、経験してみないと分からないことがたくさんある。

1時間の残業が、何だって言うのよ?

少し言わせてもらいたい

昨日久しぶりに「主夫ネタ」を書いた(⇩)わけですが、

92-output.hatenablog.com

 こういうのは引き寄せられるものなのでしょうかね。。。

 

 

昨夜、友人連中とラインでグループトークをしていた。

f:id:s2m-k2h5:20160414105006j:plain

色んな話題が出るものの、最終的には「仕事の愚痴合戦」に行きつく。

かつては、私もそちら側だったな。。。と、上から目線で見ていた。笑

 

そしたら、

「毎日毎日、残業があって大変だよ!」

「あぁ、やだよな~。」

「こればっかりは仕方ないと諦めてるよ。。。」

「まぁ、ね。」

「嫌だけど、仕方ない。」

「そうだな。。。」

「毎日、どのくらいしてるの?」(私)

「多くて1時間ちょいくらい。」

「意外と少ないな。言い方からもっと長時間なのかと思った。笑」(私)

「何言ってるんだよ!1時間がほぼ毎日だぞ!?やってられるか!!」

「かつてサラリーマンだったんだから、分かるだろ!?」

「主夫には残業なんて無いから、忘れたか!?」

「・・・は?」(私)

「な、なんだよ?」

「お前ら、何言ってんだよ?たかだか1時間の残業だろ!?

こっちは毎日、起床から就寝までがサービス残業なんだよ!!!(私)

「おまけに、俺はな!他にも嫁さんの仕事の手伝いもあるから、一般的な専業主夫より、さらに大変なんだよ!!!!!」(私)

「世の主婦の方々・主夫の方々・お前らの奥さん、あと俺に謝れ。」(私)

「でもサラリーマンの仕事と、主夫の仕事は全然違うだろ!?」

「あぁ、全然ちげーよ!こっちの方が大変だよ!!

ノルマも何もなく、終わりが無いのだからな!!!」(私)

「それに、俺の場合、妻が主婦の経験あるから労ってくれるけど、

お前ら奥さんに労いの言葉をかけたことあるのかよ!?」(私)

「・・・」

 

ここで、誰もトークに参加しなくなった。

あいつら、少しは分かったのかねぇ。

・・・かつてはね、私もあっち側だったから、強くは言えないのだけどねf(^_^;

今度飲むとき、説教してやるか。笑

f:id:s2m-k2h5:20160414110126j:plain

 

まぁ、こんな感じですよ。

世間の認識と=ではないでしょうが、こういう認識の方も、まだまだいるでしょう。

もう少し、理解があっても良いと思いますけどねぇ。

人は体験しない限り、「完全な理解」は出来ないから、無理もないのかもしれませんけど。。。

 

それに、かつてサラリーマンだったから、「サラリーマンの大変さ」も十分に分かっている。

要は、どっちの方が楽って話ではない、ということだ。

どっちも大変なことに、変わりはない。

 

 

それにしても、

あいつら、そういう目で私を見ていたのか。。。

かなりショックだな(-_-)

f:id:s2m-k2h5:20160414113327p:plain

やはり、説教してやらないとダメだな。

 

 

 

 

 

・・・本日は、少々ぶちまけさせていただきました(^_^;)

より伝わるように、汚い言葉使いのまま書いてます。お許しをm(__)m

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ではでは~。