読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主夫になって経験したあれこれ。

世の中には、経験してみないと分からないことがたくさんある。

私は、普段から甘いよ。・・・しかし、だからといって何でも許すわけではないのだぞ!

普段からあまり食べない長女と、普段からよく食べる次女。

 「食べなさ過ぎ」と「食べ過ぎ」という、両極端な問題を抱える、この姉妹。

f:id:s2m-k2h5:20160329112955j:plain

 

しかし、問題は他にもあるのだ。。。

最近見られるようになった光景に、「新たな悩みの種の出現か!?」と頭を抱える次第。

 

まぁ、どこの家庭でもある問題だろう。

しかし、我が家ではあまり関係なかった問題、、、だった。

そう、、、だったのだ。

・・・だが、とうとう、当事者になってしまったよ(T_T)

 

何かと言えば、

「食べ物の好き嫌い」である。

f:id:s2m-k2h5:20160415120703j:plain

こう書くと、「なんだ普通じゃん。」と思うでしょ?

残念ながら、違うのですよ。

ご期待に沿えず、申し訳ない。。。

 

今までは、全体的にあまり食べない長女も、何でも食べる次女も、書いたように嫌いで残すことは無かったのだ。

長女が残す時は「若干の差はあるが、全体的に残す」。

次女が残す時は、、、「基本的に、そんな時は無い(笑)」。

次女がどれだけ食べるかは⇩を参照。

92-output.hatenablog.com

 

 

こんな感じだった。

それが、最近になって、変化が。。。

 

どちらも、まるで手を付けないで残す時がある。

そして、残すものには、それぞれ共通点がある。

そう、、、共通点。

しかし、特殊な共通点なのだ。

 

長女:見た目が嫌のもの。

長女は潔癖症なところが少しあり、それが原因となっているのかもしれない。

味ではない。見た目だ。

どんなに美味しくても、本人的に見た目がNGだと、一口も食べない。泣

しかも、困ったことに、基準が分からない。

グロい系の見た目がダメなのかと思えば、そうでもない様子。

娘の判断基準が崇高過ぎて、ちょっと私には分からない。笑

 

次女:手が込んで無さそうなもの。

これは正直、キツい。

そんな毎日、全品手の込んだものになどしてられない!

まぁ、単なる我がままではあるのだが、最近いきなりそうなったので、何かきっかけでもあったのだろうか、、、と不思議に思っている。

 

と、こんな感じで、どちらも「味」ではなく「見た目」っていうね。。。(^_^;)

特殊な共通点でしょ?(-_-;)

この二人の基準を満たせば、基本的に何でも食べる。

それは、良いのだが。。。

 

普段から子供に対して「劇甘」な私(笑)だが、これはちょっと納得いかないね。

いや、かなり納得いかないね!

ううん、全然納得いかないな!!

・・・もはや、受け入れることまかりならん!!!

 

てことで、今日の夕飯から毎日、わざと「基準を満たしそうにないもの」をそれぞれ入れてやることにした。

「うわ~、ウザッ」と言われるのは、甘んじて受け入れよう(^^;

 

しかし、

ここで直さないで大人になってしまうと、ホントに美味しいものを堪能できなくなるかもだしねぇ。

 

それに!

やはり!!自分の作った料理を残しやがることが許せんのだ!!!笑

 

ということで、

この問題に関しては、心を鬼にして、取り組む!

そんな、つぶらな瞳で見てもダメよ!!

お父さんは許しません!!!

 

・・・と、そんな決意を胸にしているのに、頭に思い浮かべているのは子供の好物という、ダメな父親なのでした。笑

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ではでは~。