読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主夫になって経験したあれこれ。

世の中には、経験してみないと分からないことがたくさんある。

長女、お金の大切さ・使い方を失敗から学ぶ。それは、教えてあげることも出来るけど。。。

子育ては日々試行錯誤

本日は、「子供のお金の使い方」について少々語らせていただきたい。

f:id:s2m-k2h5:20160421114759j:plain

あくまで私の考えであり、「こうするのが正しい!」というわけではないので、ご注意をm(__)m

では、どうぞ。。。

 

 

我が家では、時々お小遣いを長女にあげている。

f:id:s2m-k2h5:20160421115043j:plain

さらに、祖父母の家に遊びに行ってもらったり、お年玉、盆小遣い等々、子供の時からお金を入手することは何かと多い。

 

そんな時、世間一般ではどうしているのだろう。。。

耳に入ってくる話だと、「貯金させている」とか「親が預かる」とか、色々。

しかし、その使い方に関しては、皆そろって「子供の自由には使わせない」と言う。

 

はて、、、?私はいつも疑問に思う。

子供の手にしたお金なのに、何で子供の自由に使えないのか。

親の許可を得て使うお金とは、つまり「親のお金」ということになるのではないか?

 

これでは、子供が「本当に欲しいもの」を買うことは出来ない。

そして、、、

「お金を使う」ということを学べない。

(※もらったお小遣い全額をギャンブルに、とかは論外の方向で。笑)

 

何事も「体験」に勝るものは無い。

子供の時に、「お金を使う」ということを学んでおかないと、大人になった時、深く考えずお金を使うようになり、「騙される」とか、「不要な失敗」とか、色々考えられる。

 

過保護過ぎ?

いやいや、子供の買い物に、一々口を出す方が「過保護」だと思うよ。

 

おもちゃ、お菓子、お洋服、文房具から靴等まで、子供が欲しいと思うものは世にたくさんある。

その中から、本当に欲しいもの、優先順位が高いもの、これらを子供自身が考え、選び、そして購入する。

大人になると当たり前のことだ。

 

それを子供がしてダメなのは何故なのか。

答えは「親が要らない」ものを、子供が買おうとするからだ。

 

子供は大して考えず、目に留まったものを買おうとする。

一瞬で飽きそうなおもちゃ、機能的で無い文房具、子供には合わなそうな(親の趣味に合わない)服、等々。

実に、「無駄な買い物」と親の目に映るよね。

実際、私も「それは流石にいらないだろ。。。」と思うこともしばしばf(^_^;

 

しかし、それを事前に止めてしまったら、子供はそれらが「無駄」だったことをいつ学ぶのか。

・・・もっとも、服は子供の好みもあるので、一概に「無駄」とは言えないけど。

 

「遊んでみたら、意外とつまらなかった」

「使ってみたら、すごく使いにくかった」

 

一回体験すれば、学ぶ。(子供は、一回では無理かもだけど。)

しかし、100回聞いても、「何故、いらないのか」をよく理解は出来ないだろう。

「百聞は一見に如かず」なんてぴったりなことわざもあることだしね。

 

そして、目先の欲に囚われ、衝動買いをしてしまい、「本当に欲しい物」が出来た時、「お小遣いが足りない。。。」となる。

f:id:s2m-k2h5:20160406113650j:plain

そこから、「あの時あれを買わなければ、今回これが買えた」と学ぶ。

もしくは、そう学べるよう助言をする。

 

「だから、あんなの買わなければ良かったのに~。」なんて言い方はしてはいけない。

子供を責めるような言い方は論外だ。

責められたことしか頭に残らない。

 

なので、「どうすれば、今回買えたかな?」と聞いてあげ、答えにたどり着かなければ、さらに「この前のあれ、あれをもし買っていなかったら、どう?」とか言ってあげたら良いと思う。

そこから、学んでくれるはず。

 

子供は大人が考えているより、ずっと賢い。

子供に任せるのは、不安もあるだろうが、信じてあげることも大切だ。

そうすれば、「子供の将来の失敗」が少しは軽減出来るかもしれない。

そんな風に思いながら、子供の買い物風景をいつも見守っている(^_^)

 

 

・・・ちなみに、

今回、何故この記事を書いたかというと、昨日長女が買い物で後悔したから。

 

昨日近くのイオンへ姉妹揃って夕方買い物に行ったのだが、前々から欲しがっていた新発売のゲームが売られていた。

「やった!あった!買う!」と言って、喜び勇んでお財布を開けると、、、130円くらい足りない。

先日「ぐでたま」のガチャ(200円)をやったのだが、それをやらなければ買えたわけだ。

 

長女は頭を抱え、激しく後悔。

f:id:s2m-k2h5:20160421120933j:plain

イメージ的にこんな(⇧)感じ?笑

笑ってはいけないのだが、、、笑いが止まらなかった!笑

 

まぁ、これで長女は、一つ学んだわけですよ。

この積み重ねが「成長する」ということなのだと、私は思いますね。

 

 

 

本日はこんなところで、パソコンを閉じさせていただきたく。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ではでは~。