読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主夫になって経験したあれこれ。

世の中には、経験してみないと分からないことがたくさんある。

子供は親に話を聞いて、理解して欲しいだけ。だから、私はこう言ってみた(^_^)v

子育ては日々試行錯誤

連休明けの初日。

思い出しますねぇ。。。

夏休みを筆頭に、春・冬休み、GW、、、

 

連休が終わり、最初の登校の朝、

もう嫌で嫌で仕方なかったなぁ。。。┐( ̄ヘ ̄)┌

f:id:s2m-k2h5:20160510112514j:plain

 

そして、

それは娘も同じ。

というより、皆、大なり小なり、必ずあるでしょう。

単純に「もっと休んでいたい」という思いや、「連休に馴れたサイクルが狂うのが嫌」だったり、色々と。

 

私は後者でしたね。。。

学校に行くのが嫌なのではなく、一連の流れがリセットされることが嫌でした。

なので、連休に入るときも同じように嫌でしたねぇ。

・・・変な子でしたf(^_^;

 

そして、遺伝なのでしょうか。笑

娘も同じ感じでして。。。汗

昨日の朝、超絶嫌がりで大変でした。

まぁ、間の2日(月・金)もでしたけど。

 

 

あまり見ないほどに嫌がるので、「イジメ?」と一瞬不安が過りましたが、違ったので、そこは安心しました(*´-`)

f:id:s2m-k2h5:20160510110952j:plain

まぁ、理由は上記の様に、「サイクルが狂うことが嫌」なわけです。

さて、どうしたものか、、、と。

 

そこで、私は一つ賭けに出ました。

「そんなに嫌なら、今日は行かなくて良いよ」的なことを言ったのです。

真に受けて休んだらどうしよう、、、とハラハラでしたが、結果は笑顔で学校に行きましたよ。

 

やりましたo(^∇^)o

私は賭けに勝ちました!

f:id:s2m-k2h5:20160510112731j:plain

ウェーイ\(^o^)/

・・・ということでは、勿論ありません。笑

 

 

結局のところ、「サイクルが狂うことが嫌」とはいえ、行きたくないということに変わりはない。

要するに、我が儘なわけです。

子供らしくて良いのですが、だからといって、何でも聞いてあげるわけにもいきません。

 

しかし、
「いいから、行きなさい。」「学校は行くもの!」「皆、行ってるよ!!」
とか言って、無理矢理行かせても、子供の不満は募るばかり。

 

なので、

しっかりと理由を聞いてあげ、それを認めてあげれば良いのですよ(^_^)

「学校は行くもの」

そんなことは、子供自身も分かってはいるはずなので。。。

 

分かってることを改めて言われても、子供の心には何も響きません。

むしろ、「分かってくれない。。。」という不信感が増してしまいます。

 

 

子供に言う言葉は、

基本的に「肯定系」だけで事足りると、私は思いますね。

・・・「車を運転して良い?」とか、明らかにNGなのは、当然否定しますよ?(^_^;)

「親は自分の事を理解してくれている」と思わせてあげることが、何より大事。

 

前述の娘に言った言葉ですが、

詳しくは「パパも同じだったから、気持ちは分かるよ。だから、本当に嫌だったら今日は行かなくて良いよ。」です。

 

ちゃんと聞き、理解してあげ、肯定系の言葉で締める。

すると、びっくり!

笑顔で「やっぱり行く!」と言ってくれました。

f:id:s2m-k2h5:20160510113232j:plain

 

つまりは、そういうことなのです。

子供は聞いて欲しいのです。

分かって欲しいのです。

ただ、それだけなのですよ。。。

 

 

「子育て」で大事なのは、

子供の目線で考え、きちんと話を聞いてあげること。

何でもかんでも否定しない。

多分これだけ。これだけなのです。

 

忙しいとついつい、「ハイハイ」とか、「いいからやって!」とか、言いがちですが、そこはグッと堪えるべきなのです!

てか、イライラしたところで、何の意味もないよね。。。

 


ちょっと語ってしまいましたが、本日はこの辺で。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ではでは~。

※コメント等、遠慮なくどうぞ~(^^)/