読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主夫になって経験したあれこれ。

世の中には、経験してみないと分からないことがたくさんある。

何事も、楽しくなければ続かない。楽しむ気持ちが消えてしまったら、続けるのは困難だ。それが子供なら、尚更ね。。。

習い事について

長女は習い事を少ししているのですが、その中にピアノがあります。

f:id:s2m-k2h5:20160511101009j:plain

レッスン日は毎週火曜、ちょうど昨日でした。

なので、今回はその事について少し書かせて頂きます。。。

 

きっかけは単純で、

長女がなついている、妻の妹がピアノを弾いてるのを見て、「私もやりたい!」となったから。

最初は、その妻の妹に習ったのだが、「飲み込みが良いから、ちゃんと習った方が良いよ!」と言われたので、習うことに。

 

私も妻も、楽しんでくれれば、、、という軽い気持ちで始めた。

そして当の娘はというと、最初から全力で楽しそうに弾き、「習わせて良かったなぁ」と思っていた。

 

 

始めてから、もう2年半くらいになるかな。

ずっと楽しそうに弾いてて、新しい曲が弾けるようになると、自宅で演奏会(家族だけの)をして、私達に聴かせてくれた。

f:id:s2m-k2h5:20160511104651j:plain

どんどん上手くなるので、親としては嬉しくて仕方なかった。

そして、娘も楽しくて仕方ない!という感じだった。

 

・・・そう。だった。

現在進行形ではなく、過去形。

残念ながら現在は、ピアノ教室に行くは行くのだが、足取りも重く、自宅での演奏会もここ最近は開催されない。

 

妻と二人で「飽きたのかな?まぁ、飽きたのなら仕方ないな。。。」と話していた。

そんな折、

娘から「付き添って。」と言われる。

今まで一度も言われたことが無い。

というより、「恥ずかしいから、付き添わなくて良いよ!」と言っていた。

 

?????

頭に「?」が沢山の状態だったが、とりあえず付き添った。

そして、そこで見た光景は、

娘の態度の理由を理解するのに、充分なものだった。。。

 

最初の頃、数回付き添ったのだが、その時の教え方とは真逆の教え方。

「スパルタ」という言葉がぴったり。

というより、それ以外表現のしようがない。

 

信じられず、レッスン後に教師と話をしてみた。

そしたら、理由が分かった。

直接言われたわけではないが、どうやら通ってるピアノ教室や教師に、過度の期待を持たれてしまったようだった。

 

つまり、

娘は「教えれば出来る子」認定をされてしまったのだ。

教師にも、もちろん教室にも、「成績」というものがある。

 

自分の教え子が優秀な成績を修めた、

自分の教室から「優秀な生徒」を輩出した、

等々である。

他の教師や教室に対する対面みたいなもの、かな。。。

 

しかし、

生徒側からすれば、そんなのは知ったことではない。

もしそうなら、私の娘を、自分達の出世(と言えば分かりやすいかな?)の道具に使わないで欲しいというのが正直なところだ。

 

そして、

帰ってくる言葉は、「この子は才能がある」とか、「もっと上手くなれる」とか、「ここで辞めるのは勿体ない」とか。。。

娘の意見は、ガン無視の言葉の数々。

二言目には「~させるべき!」と。

 

確かに、本気で「ピアニスト」を目指すなら、まだまだ優しい教え方だろう。

f:id:s2m-k2h5:20160511110459p:plain

真剣に目指すなら、こんなのは「スパルタ」のうちに入らないくらいでしょうね。

ただ、娘にはその気が無い。

 

あくまで、娘にとっては「趣味の一つ」。

教えてくれる先生方や教室の皆さんには申し訳ないが、これが現実だ。

もし、娘がその気なら、私達は言われるまでもなく、全力で応援するよ。

しかし、そうではないのだ。。。

 

 

そして、

この「押し付ける系の教育」は、私が一番嫌いなもの。

何故なら、、、

自分の子供時代を思い出すからだ。

 

・・・この際だ、白状しようか。

私は、幼少期から、この「ガチガチの押し付け教育」を、親から受けてきた。

キツかったよ。

始めて「親から逃げ出したい」と思ったのは、確か、、、小学校に上がる前。今の長女より、ずっと幼い。

f:id:s2m-k2h5:20160511110733j:plain

 

この頃の記憶は、「毎日、ただ嫌だった。。。」ということが、まず最初に頭に浮かぶ。

家族で出掛けたり、おもちゃを買ってもらったり、色々と子供らしいことはしてもらった。

しかし、

それらを押しのける程、嫌だったのだな。。。

 

 

・・・まぁ、それについては、機会があれば書くとして。

そんなわけで、長女が生まれた時に誓った。

f:id:s2m-k2h5:20160511111214j:plain

「自分と同じ思いはさせない」と。

もっとも、生まれた当初はサラリーマンで仕事が忙しく、子供の相手もろくにしてあげられなかったわけなので、偉そうなことを言う資格はないのですが。。。f(^_^;

 

そんなわけで、

今のピアノ教室での娘の状況は、私的に思う所が多々ある。

娘が楽しく通っているなら話は別だが、普段の姿からはとてもそうは思えない。

「辞めたい」と言い出したら、即OKを出すな。

 

とはいえ、

私が勝手に決めては、親と同じ「押し付け」になる。

それでは、本末転倒。

 

従って、

現在、娘は「どうしたいのか」を思案中。

f:id:s2m-k2h5:20160511111433j:plain

「楽しく弾きたい」という思いと、「もっと上手くなりたいから、スパルタも仕方ない」という思い。

娘は揺れに揺れている。

 

しかし、

最近の娘からは、明らかに「嫌!」というのが滲み出ている。

昨日の帰りの道中なんか、特に。

・・・時間の問題かな。

 

それに、そういう「組織ゆえのしがらみ」とは無縁の「個人でやってる教室」もある。

ちょうど、妻の妹が習った先生がそうであり、結構有名な先生らしい。

そこに変えるというのも、一つの手。

 

習い事一つで、これだけ悩むとは。。。

中々に「子育て」とは、難しいものですねぇ。

私が何でも教えてあげられれば、、、いや、「私一人からしか教えられたことがない」というのも、それはそれで問題か。。。


「嫌だ」と、一度でも本気で思ったのなら、辞めて良いと思う。

「それをしなければ死ぬ」なんてものは、そうそうない(当たり前。笑)。

なら、辞めたいときに辞め、始めたい時に始めれば良い。

「子育て」の主体は、私達「親」ではなく、「子供自身」ですから。

 

「今しないと!」「ここまでやったのに!」なんてのは、親や大人のエゴでしかない。

それは、親・大人のためにはなっても、子供のためにはならないですからね。

もっとも、

それを徹底することが出来ないから、子育ては難しいのですが。。。(-_-;)

 


またまた、少し語ってしまいました( ̄▽ ̄;)

本日はこの辺で失礼して。。。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ではでは~。

※コメント等、遠慮なくどうぞ~(^^)/