読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主夫になって経験したあれこれ。

世の中には、経験してみないと分からないことがたくさんある。

子供に対して、すぐ「ダメ」と言うけれど、それは本当に「子供が理由のダメ」なのか。今一度考えてみる。

大人・親が「ダメダメ」と言って、どんどん子供にとって、つまらなくなっていく。。。

f:id:s2m-k2h5:20160512110822p:plain

久し振りに行った、家からちょっと離れた、普段あまり行かない公園の「現状」を見て思った。

 

「この度、遊具全撤去致しました」。

あるのは、そう書いてある看板だけ。

f:id:s2m-k2h5:20160414113327p:plain

複合式の遊具からブランコ、シーソー、ぶら下がって滑るやつ(正式名が分からない。笑)、果ては鉄棒まで。

残ってるのは「砂場」くらい。

 

・・・鉄棒まで撤去って、なんで?

落ちると怪我をするから?笑えないんですけど。。。

 

果たして、これを「公園」と呼べるのか。

ただの「広場」じゃないの?

木や砂場があるから、「空地」とは言わないが、ほとんど変わらない。

f:id:s2m-k2h5:20160512110954j:plain

 

いつも行く近くの公園は、滑り台しか無い。

・・・何故か、滑り台が3台もあるけど。(^_^;)

まぁ、下の子が小さいから、これでも良いのだが、上の子は不満だ。

なので、たまに、ちょっと離れた公園まで足を延ばしたりしていたのだが、、、これで、それも意味が無くなった。

 

確かに、遊具での事故は全国的に増えた。

一時期、マスコミがうるさいくらいに騒いでいた。

行政が、「放置遊具=悪」みたいに判断したのも、分からなくもない。

そして、遊具を設置するには「管理者・管理棟」を置くようにしたのも、まぁ分かるよ。

 

でも、おかげでね、

「近所の子供同士で遊具で遊ぶ」という光景が見られなくなった。

f:id:s2m-k2h5:20160512111141j:plain

なんで、遊具で遊ぶために、わざわざ車に乗って行かなければならないのか。

 

それだと、近所の子供も一緒に連れて行くなら話は別だが、知ってる子と遊ぶことは難しい。

遊具では、親・家族としか遊ばない。いや、遊べない。

自宅の近くにそういう施設があるなら、話は変わるけど、うちはそうじゃない。

おまけに、今はゲーム機が凄いから、中々外で遊ぼうとしない。

f:id:s2m-k2h5:20160512111651j:plain

 

・・・これで良いのだろうか。

危ないからと言って、「怪我する前に消す」で良いのだろうか。

確かに「安全」だ。

「遊具で指を切断!」なんて見出しの記事を読み、心を痛めることもなくなるだろう。

 

しかし、

これでは、子供にとって「大切なもの」も、一緒に消えてしまう(学べない)のではないか。

近くの公園で遊んでいたら、いつの間にか近所の子供も集まってきて、気付けば子供がわらわら、なんて光景は、もう見られないのだろうか。。。

 

 

また、

これは、「行政」だけでなく、私達「親」にも言える。

家の中には、おもちゃになるものが沢山ある。

全く危険でない物から大して危険でない物、果ては超危険な物まで、色々だ。

 

包丁とか、おもちゃにしてはマズいものを「ダメ」というのは、当たり前。

f:id:s2m-k2h5:20160512111823j:plain

怪我ですまないからね。

 

しかし、

大して危険がない物や全く危険がない物まで、「ダメ」と言っていないだろうか。

「それはおもちゃじゃないから」と。

 

言ってはいないだろうか。

「片付けるのが大変だから」と。

 

これ、実は私の事である。

f:id:s2m-k2h5:20160512111926j:plain

私もまだまだ、頭が固かった。

以前の記事で「肯定系の言葉だけで足りる」とか言っておきながら、お恥ずかしい。。。

「子供はおもちゃで遊ぶもの」という固定観念に、囚われていたな。

 

昨日、子供達が洗濯籠に入って、「列車ごっこ」をし始めた。

私は「それはそういう使い方をするものじゃないから」と、止めさせようとした。

すると、妻から「良いじゃん、そうやって遊んだって。物をおもちゃにして遊ぶことで、子供の発想力・思考力は鍛えられるし、そこから色々学ぶんだから~。」と。

 

・・・確かに。納得である。

その後に「よし!どんどん遊べ~!!」と言って、一緒に遊び始めたのは言うまでもない。笑

 

 

結局「ダメ」っていうのは、自分たちが困るからなんだ。

遊具を無くすのも、怪我をすると悪いからではなく、「責任を持ちたくないから」だ。

物をおもちゃにするのを止めるのも、怪我をすると悪いからではなく、「片付けるのが面倒だから」だ。

 

確かに、危ないのは間違っていない。

でも、そんなのはちゃんと見ていれば済むことだ。

子供の成長を促す効果に比べたら、些細なことだ。

 

もちろん、きちんと見てても、不慮の事故は起きる。

しかし、それはどんなことにも言えること。

言い始めたら、きりが無い。

 

そして、

子供に「止めなさい」と言うなら、代わりに遊んであげなくてはならない。

止めなさい、でも忙しいから相手も出来ない、では筋が通らない。

「後の片づけ」or「遊び相手」、どちらかはしなければならないのだ。。。

 

 

と、冒頭に出てきた公園と、妻の言葉に衝撃を受け、書いた次第。

書きたいことはまだまだあるのだが、ひとまずこの辺で。。。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ではでは~。

※コメント等、遠慮なくどうぞ~(^^)/