読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主夫になって経験したあれこれ。

世の中には、経験してみないと分からないことがたくさんある。

子供の「成長の瞬間」を見るのが楽しみ。こう言えるなら、「育児ノイローゼ」にならないと、言えるのではないだろうか。。。

少し言わせてもらいたい

今回は次女の話から入り、そして「育児ノイローゼ」に少し触れたいと思います。

※「育児ノイローゼ」については、少し触れてる程度です。

 

 

最近、長女の成長が著しいが、次女も負けていないはず。

長女に比べ、やんちゃな性格の次女。

果たして、今後どんな風に成長していくのか。

楽しみですね〜。

 

・・・ そんな風に思っていた、今朝のこと。

保育園に行く前の支度中に、「おかあさんといっしょ」の番組を見ていた。

クワガタの卵から成虫になるまでの過程を解説?する感じの内容だった。

 

一緒に見ていたわけではないので、詳しい内容は分からないのだけど。。。

最初に卵が映って、

次に幼虫が映って、

最後に成虫が映る、という感じだった(多分。汗)。

 

そして、

卵には、「あれ?いつも食べてるのより小っちゃいね〜。」と。

幼虫には、「なんか、気持ち悪い。。。」と。

成虫には、「硬そうだね〜。」と。

 

きちんと、それぞれを把握している模様。

確かにクワガタの卵は「小さい」し、幼虫は「気持ち悪い」し、成虫は「硬い」。

少し前にも似たような番組がやってたが、その時は「怖い。怖い〜。」としか言わなかったのにな。

 

特に、幼虫の「おどろおどろしい」感じが分かるようになったのが凄いですね〜。

それが分からない内は、ただ「怖い」の一言でしょうから。

いつの間に、そう感じられるようになったのか。。。

ちゃんと、日々成長してるなぁ、と思ったわけですよ。

 

 

冒頭にもあるように、

歳が上で、最近成長が著しい長女に、何かと目が行きがちですが、

次女(下の子)もきちんと日々成長してるので、気を付けて見ていないとですね。

 

ちゃんと見ていないと、、、

気付かない内に、「何段も成長の階段を登ってしまっている。。。」なんてことになり、後悔するハメになってしまうかもしれません。

子供の成長なんて、大人になってからの成長の数倍早いですからね。

見逃さず、全ての成長の瞬間を見たいものです。

 

 

辛く大変な「子育て」をしているのだもの、

「子供の成長の瞬間」くらい見たいじゃないですか?

と言うより、

それを見るために「子育て」をしてる、って言った方が正しいくらいですよ。

 

一瞬だものね、子供の成長は。

ホントなら、片時も目を離せない。

でも、そんなのは無理なんだよね。

 

だからこそ、

傍にいられる時くらい、目を背けずに見守りたい。

成長の瞬間を見逃さないよう、出来る限り見ていたい。

 

そんなことせず、「やらなければならないこと」をしてた方が建設的。

そんなことは百も承知。

しかし、

それでも、そうしたい「(バカ)親心」。

 

「成長の瞬間」

「出来るようになった瞬間」

等々、色んな瞬間があるけど、その時見なければ「もう見れない瞬間」の数々。

見たいドラマ、やりたいスマホのゲーム、誰かとのおしゃべり、読みたい本、、、

そのどれよりも優先順位が高い。

 

・・・まぁ、仕事だけは、生きていくためにも、それこそ、その「瞬間」を見る為にも、必要なことなので、さらに優先順位は高かったりしますがね。

でも、「気持ち」でくらい、仕事よりも優先したい。

 

 

子供が、「苦労の上の苦労、そのまた上の苦労」をして、出来るようになった瞬間。

それを一度見てしまうと、さらに見たくなるのですよ、その次の「成長の瞬間」が。

 

そして、

それらを見て、「普段の子育て」の疲れを癒す。

そうやって、

子育ての疲れを、子育てによって癒すのですよ(全部は無理ですけどね。。。)。

 

でなければ、

毎日子供の相手はしてはいられない。

特に、次女みたいな「手のかかる時期」の子は。

何か「楽しみ」でもなければ、続けられないさ。

 

だから、

それを持たない方々は、思いつめたりして「育児ノイローゼ」になってしまう。

f:id:s2m-k2h5:20160608145341j:plain

それでは、親はもちろん、子供も可哀想だ。

 

 

実際に、「育児ノイローゼ」になってしまい、旦那さんと離婚し、子供と離れ離れになってしまった方が知り合いにいる。

といっても、

まだ私が結婚する前なので、今ほど「子育て」の知識も無かったし、情熱?みたいなものも無かった。

 

しかし、

自分の子供と離れ離れになるのは可哀想だな、、、と思ったことだけは、強烈に覚えている。

 

というより、それ以外あまり覚えていない。

なんてったって、かれこれ15年くらい前だからな。

まだまだ「ガキ」でしたしねぇ。。。

 

 

それに、

なりそうな、「育児ノイローゼ予備軍」みたい方が、友人達の奥さん達の中にいた。

その方から、色々と相談を受けたが、考え方がもう「そのもの」。

 

素人の私では手に負えない案件だったので、プロ(医者)に相談することを勧め、現在通院中。

恐らくもう大丈夫だろう、と医者から言われたらしいが、精神的に結構危なかったらしい。

ホントかどうかは分からないが、医者に行くのがもう少し遅かったら、色々とマズかったとかなんとか。

 

要するに、

それだけ大変ってことですよ、「子育て」は。。。

 

 

 

次女の言葉に成長を感じながら、もし「これ」が無かったら、私は「子育て」を続けられるのか。

そう思ったので、今回このような記事を書かせて頂きました。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ではでは〜。

※コメント等、遠慮なくどうぞ〜(^^)/

Twitterは⇩から。

通りすがりの専業主夫 (@syuhu_ha_taihen) | Twitter

 

 

>お知らせ<

毎回お昼頃に更新しておりましたが、諸事情により、その時間に更新するのが難しくなることが予想されるので、

「夕方~夜に更新」へ、徐々に移行させて頂きたいと思います。

どうぞ、よろしくです~m(__)m