読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主夫になって経験したあれこれ。

世の中には、経験してみないと分からないことがたくさんある。

私が「専業主夫」を2年間続けたことで、変わった「5つ」のことをご紹介。

このブログを始めてから、少し経つ。

ここらで、「主夫」という存在について、

少し書かせて頂こうと思う。

 

このブログを書き始める、さらに前、

今から約2年前に、私は「専業主夫」と

なった。

 

最初の頃は、「初めての事」ばかりで、

かなり戸惑ったものの、

今となっては、それも懐かしい記憶。

 

そして、

2年も経つと、色々と「自分自身」にも

変化が現れる。

 

そんな数ある変化の中から、

今日は5つをピックアップします。

 

 

天気が気になる。

 

かつては、天気を気にする時と言ったら、

「BBQ」・「海に行く」・「キャンプ」

等々、悪天候を避けた方が良いイベントを

行う時くらいだった。

 

それが現在、

起床後にまず「本日の天気」を確認する。

お天道様の機嫌次第で、洗濯するものが

増減するから。

 

それから、

外出時に、天気が崩れ始めると、

「洗濯物」の心配をし始める。

 

 

ついこの間の話だが、

妻の実家に行った時、テレビを見ていた時、

「ざぁ~」という音が聞こえてきた。

 

思わず、「えっ!?雨!?」と

叫んでしまった。

洗濯物を外に干してきたため、焦った

実際には、風呂のお湯を入れた音だった。

 

 

②優先順位が「車<家」に。

 

かつての私は、車が好きだった。

車自体はもちろん、洗車も好きだった。

 

それが現在は、洗車をしない。

いや、「しなくなった」わけではない。

洗車をする時間が無いのだ。

 

家事に、育児に、と追われ、

「洗車」をする時間が確保出来ない。

「出来なくなった」ということだ。

 

かつては、雨が降ってこようが、

お構いなしに洗車をしたものだ。

 

それが今は、

「そんな無駄なことしてられない」と

考えるようになってしまった

 

決して、

「車」が嫌いになったわけではない。 

ただ、それ以上に意識を向けなければ

ならないものができたということだ。

 

④でも書くが、時間が無い。

時間があれば、洗車する。

・・・洗車したいよ。

 

 

③特売日に詳しくなった。

 

かつては、

「どのスーパーが安い」とか考えずに

買い物していた。

 

それが今では、

 

「どこどこのスーパーは、

毎週〇曜日に特売をする」

「この食材は、どのスーパーが安い」

 

等々、詳しくなってしまった。 

 

調べたわけではない

いつも同じところで買うと飽きるので、

色んな店で買い物してたら、

自然と詳しくなってしまった

 

恐らく、

今では妻より詳しい

 

そして、それをゲームのように、

「どの順序で回ると効率が良いか」

と、考える日々です。

 

 

④自由な時間が皆無に。

 

これについては、

今までも度々このブログで書いてきた。

 

要するに、

「家事・育児」に追われ、昼間に

自由な時間を確保出来ない。

 

全くないわけではない。

色々と手を抜けば、時間は確保出来る。

 

それでも、

「サラリーマン時代」に比べれば、少ない

 

多いように見えて、、、

実際には、ほとんど無い。

特に、家事には終わりが無い。

 

時間を作ろうと思わなければ、

やらなければならないことから

目を背けなければ、

自由な時間が生まれることは無い。

 

例えるなら、家事とは、

「出口のないトンネルを行くようなもの」。

 明確な「終わり」が無い

 

ただ、「抜け道」が所々にあるので、

しようと思えば「手を抜く」ことも可能だ。

 

それでも、

そうポンポン手を抜くわけにもいかない。

やはり、自由な時間なんて無いに等しい

 

 

⑤「美味しい」は言うべき!

 

これについては、以前も書いた。

(※過去記事は⇩から)

92-output.hatenablog.com

今回も、改めて書こう。

 

「料理を作る」ということは、

見た目以上に、色々とやることがある。

 

やらないと分からないが、

育児をしながら、料理を作るというのは、

とても大変だ

 

子供に呼ばれたら、

一々手を止めて子供の元へ。

一向に進まない。

 

かと言って、

子供を放っておくと、子供の不満爆発。

 

この現状を知ったら、

料理を食べて「美味しいと言わない」なんて

とても出来ない。

 

「言葉にしなくても伝わる。」

確かにそうだが「美味しい」は言うべきだ。

作ってくれた人への「礼儀」として。

 

何か料理を食べたら(外食であろうと)、

「美味しい」と必ず言うようになった。

 

恐らくこれが、

「主夫」になって変わったことで、

一番大きい変化だろう

 

そして、

このことに気付くことが出来たので、

「主夫」になって良かったと思っている。 

 

 

終わりに。

 

「主夫になって変わったこと」は

色々とありますが、

その中から、分かりやすい5つ

ピックアップしてみました。 

 

他にも色々とありますが、

それはまたの機会に。

 

 

それでは、最後までお読み頂き、

ありがとうございました。

ではでは~。

 

※コメント・はてなブックマーク等、

遠慮なくどうぞ~(^^)/

Twitterは⇩から。

通りすがりの専業主夫 (@syuhu_ha_taihen) | Twitter