読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主夫になって経験したあれこれ。

世の中には、経験してみないと分からないことがたくさんある。

「料理にかけた時間=愛情」では、決してない。

皆、固定観念に囚われている。

このブログで、度々書いていることだが、

今回も、少し書こうと思う。

 

今回の「固定観念」は、

「料理にかけた時間=愛情」についてだ。

 

 

皆、料理の何をもって「愛情」を

感じるのか。

 

「手作りかどうか」か?

「どれだけ美味しいか」か?

「どれだけ時間をかけたか」か?

「食べた時に作った人の顔が浮かぶか」か?

 

違うだろう。

そうではないだろう。

 

「愛情」ってのは、料理に乗せるものだ。

「相手を思う気持ち」だ

 

感じるものであって、

目に見えるものではない

 

 

 

・「手作り≠愛情」

 

「料理は手作りに限る。」

そう言う人がいる。

「惣菜を夕食に出すなど、もっての外。」

そう言う人がいる。

 

なら、逆に聞きたい

仕事で疲れてる人に料理を作らせて、

作った人がげっそりしてる横で、

料理を食べて「美味しい」と感じるか?

 

相手に「愛情」を求めておいて、

自分はどうなのか

 

「惣菜」だって良いじゃないか。

「冷凍もの」だって良いじゃないか。

そう毎回、「手作り」というわけには

いかないよ。

 

買った「惣菜」でも、

買う時に食べる人が喜びそうな物を選べば、

立派な「愛情」だよ。

 

そもそも、何もしなくても、

「料理」が出てくるのだから、

それで十分でしょう。

 

 

 

・「美味しい≠愛情」

 

「美味しい=愛情」とするならば、

どんなに「愛情」があっても、

美味しくなかったら

「愛情」が無いということになる。

 

本気で言ってるのか。

美味しくなければ「愛情」は感じないか。

美味しくなかったら「愛情」は無いのか。

 

「料理が苦手」という人もいるが、

そういう人は、料理で「愛情」を

感じさせることは出来ないのか。

 

苦手でも、「頑張ってる姿」こそが

「愛情」ではないのか。

どこを見てるのか。

「頑張ってる姿」こそ、見てあげないと。

 

「美味しいかどうか」なんて、

二の次だよ。

 

 

 

・「長時間調理≠愛情」

 

タイトルにもある通り。

本日のメインだ。

 

 

最近立証された、

「玉ねぎ」の炒める時間を例に挙げよう。

 

今までは、

「弱火で30分以上かけて炒める」ことが、

一番おいしい調理法と言われてきた。

 

それが、

「強火で5~10分炒めても味はおろか、

栄養面でも違いは無い」ということが

判明した。

 

要するにこういうことだ。

「時間をかければかける程、

美味しいものが出来る」というのは、

幻想だ。

 

短時間でも、

美味しく作ることは出来るし、

長時間でも、

美味しくないものは美味しくない。

 

それでも、

「料理は時間をかけるもの」と言うのなら、

それは、食べる側の「エゴ」でしかない

 

さっさと調理を済ませて、

違うことをした方が、余程建設的だ。

電気代やガス代の節約にもなる。

 

「時間をかければかける程美味しくなる」

なんてのは、

「そう思い込んでる」だけだ。

 

悪しき習慣だ。

「昔からそう言われてるから」と

それを変えようとしない。

食べる側も、作る側も。

 

固定観念」恐るべし

そろそろここらで、

このくだらない「固定観念」を

払拭すべし

 

 

 

・「相手の顔が浮かぶ≠愛情」

 

「食べた時に、作った人の顔が浮かぶ料理」

そんな料理を皆が作れたら、苦労しない。

 

むしろ、疲れてるのに作らせたら、

浮かんでくるのは、「げっそりした顔」で

逆に料理が不味くなるのではないか。

 

それに、

作ってくれた人の事を考えながら食べれば、

自ずと浮かんでくるでしょ

 

「愛情が乗って無い」と言う前に、

「感謝」する方が先だ。

 

 

 

・「料理とは。」 

 

料理とは、

「ただ、食べられる」、

それだけで感謝するべきだ。

 

感謝すべきは、用意してくれたこと

手間を省いてでも、

ちゃんと用意してくれたこと。

 

愛情を感じないなら、

まず自分が変わらないと。

 

相手の事を考えながら食べれば、

自ずと感じるはずだ。

 

つまりは、

そういうことなのだ。

皆、「相手にばかり求め過ぎ」だ。

 

そこを先ず、認識しよう。

「愛情」云々はそれからだ。

 

 

以上、今回はこの辺で失礼を。

それでは、最後までお読み頂き、

ありがとうございました。

ではでは~。

 

※コメント・はてなブックマーク等、

遠慮なくどうぞ~(^^)/

 

読者申請は⇩から。

Twitterは⇩から。

通りすがりの専業主夫 (@syuhu_ha_taihen) | Twitter