読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主夫になって経験したあれこれ。

世の中には、経験してみないと分からないことがたくさんある。

百聞は一経験に如かず。ガミガミ口うるさく言う前に一度経験させるべき。

子供を育てる上で「何度言っても分かってくれない」といことは多々ある

私の場合も例外ではない。

今回はその内の一つ「料理を作ってくれた人の気持ちを考える」について。

 

 

私の娘(長女)は小食でご飯をあまり食べない。

f:id:s2m-k2h5:20160630105710p:plain

それを考え少な目の量を用意するのだが、それでも頻繁に残してしまう。

そして残すのはいつもあと一口・二口分

f:id:s2m-k2h5:20160630105732p:plain

頑張れば食べれる量だ。

口に放り込むだけで良い。

「作ってくれた人の気持ちを考え、ちゃんと全部食べてあげて」と何度も言っているのだが、長女にはどうもピンと来ていないらしい

f:id:s2m-k2h5:20160630105808p:plain

それでなのか、何度言っても分かってくれず残してしまう。

親として、どうにかならないものかと悩んでいた。

 

そんな中、ちょっとした出来事が起こる。

長女がチャーハンを母親に手伝ってもらいながら作ったのだ。

f:id:s2m-k2h5:20160630105853p:plain

中々の出来栄えに長女は満足の様子。

「パパ、このチャーハンは私が作ったんだよ~。」と嬉しそうに食卓に料理を並べていった。

f:id:s2m-k2h5:20160630105928p:plain

 

そして食事がスタート。

チャーハンの他にサラダなどもあり、私はサラダから食べた。

そうすると、自分が作ったチャーハンを一口目に食べるものと思っていた長女は不満顔

「このチャーハン、私が作ったんだよ?」と連呼する

 

f:id:s2m-k2h5:20160630110016p:plain

そこで私は長女に「その気持ちを覚えておいてね。少し手を付けないだけでそれだけ気になるのなら、料理を残した時の作った人の気持ちはどうかな?」と聞く

f:id:s2m-k2h5:20160630110157p:plain

流石の長女も少しは分かってくれたようだ。

 

 

こうやって徐々に学び自ずから気付けるようサポートしてあげるのが親の役目ではないかと私は思っています

子供にガミガミ言っても話の1割も頭には残りません。

もしかしたら言い終わった瞬間に頭からキレイさっぱり消えるかもしれません。

なので子供は何度も同じことを繰り返す。

それを見て親はさらにガミガミと口うるさく言う。

子供はもっと聞かなくなる。

でも自分で体験した事というのは中々忘れないものです。

タイトルにもある通り、百回繰り返した言葉より一回の体験が効くのです

 

躾は一方通行なものではありません。

親が伝え、子供が理解してこその「躾」。

そのことを今一度認識するべきだと思います。

 

 

 

以上、本日はこの辺で。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

※1.今後は自作の絵を入れる予定。今回はまだ不慣れでラフ画となってしまいましたが、今後徐々に良くなる、、、はず。汗

※2.コメント等遠慮なくどうぞ。

 

⇩お気軽に⇩

Twitter

河内 瞬@専業主夫 (@syuhu_ha_taihen) | Twitter